トップページ > 中学受験の国語 > 国語の基本

国語の基本

国語の基本は、日本語だからと言って甘く見ないで、他の科目と同じように、しっかり勉強することです。

まずは、漢字の勉強がわかりやすいでしょう。漢字は覚えなければ、読むことも書くこともできません。いくら日常会話で話せて、意味が分かっていても、読書をすることができなければだめなのです。そのために、小学校の間に習う漢字は、ほぼ完璧にできるようになっておきたいものですね。

漢字が分かるようになったり、その他ことわざや慣用句などもだんだんわかってくるようになると、文章を読むのが面白くなってきます。今までは、単純に、先生から言われたから読んでいたという場合でも、これからは、自分から、本を読むようになるかもしれません。

そしてその時、音読をしていてはいけません。音読をしていると読むスピードがとても遅くなってしまうのです。大きい声を出して読んでいるのも、小さい声を出して読んでいるのも、同じですから、両方とも止めなければなりません。黙読をすることができるようになると、読解のスピードは飛躍的に上がります。

そうやって本がたくさん読めるようになって、いろいろな文章に触れるようになると、そういった基本的な知識をもとにして、それらを分解して組み合わせて自分で頭を使って考えることができるようになります。これが本当の知恵というものです。偏差値だけでは判断することができない本当の生きる力です。それを身に付けるのは小学生時代ですよ。