トップページ > 家庭教師 > 家庭教師はいりません

家庭教師はいりません

中学受験をするとなると、家庭教師をつけなくてはいけない、と考える人が多いと思いますが、実際は、家庭教師の果たす役割はそれほど大きいわけではありません。むしろ、小さいです。現実問題として、家庭教師を雇わないで中学受験を乗り切ったという人はたくさんいます。

受験勉強というものはそもそも、自分ひとりでやるものです。誰からも強制されずに、指示されずに、自分からできるようになればそれだけでもう合格したようなものですが、全員が全員、そういうわけにはいかないものです。

どうしても勉強をする習慣がつかない、1人で家にいると遊んでしまうという子供には、家庭教師を臨時で使うことも考えなくてはいけません。ただし、あくまでも補助的にです。本来の子供の学習ができるようになるまでの、サポートという意味でつけてあげてみてください。

そして、勉強に対する嫌悪感がなくなって、自分でちょっとやってみてできるようになったという実感をもてるようになって、家庭教師からひとり立ちすることができるようになれば、あとは家庭学習と塾での学習を活用するだけで、中学受験を成功させることができます。家庭教師はいりませんが、塾は必須ですので、それについては別項でお話します。