トップページ > 中学受験の社会 > 本当の国際化

本当の国際化

巷では国際化が盛んになってきたと言われていますが、本当に国際化をするためには、自分の国のことを知らなければなりません。大人になって海外の人たちと交流する時に、日本でどんな国と聞かれて、何もこたえられないのでは恥ずかしいとは思いませんか。だから子供のうちに、社会を勉強することが大切なのです。

日本の地理では日本の各都道府県で、どんな食べ物が名産なのか。そして、どんな気候なのか、人口はどうか。産業は?などなどたくさんのことを知ることができます。そしてこれは日本に生きる日本人として、ぜひ知っておきたい基礎事項。あるいは常識と言ってもいいのかもしれません。

テレビのクイズ番組などで、芸能人が簡単な問題にもこたえられないのを見て、家族で笑いものにしたりすることがよくあると思います。そういった笑われものにならないためにも、この中学受験で勉強することが非常に重要です。

今は勉強という見方しかできていないですが、これは大人になると、逆に趣味のような楽しみのような感じになってくるのだと思います。そういう経験はありませんでしょうか。テレビでも歴史を扱ったものが人気になるなど、娯楽性を持っています。

本当の国際人になるためには、英語よりもまず、日本の文化を知ることが大切なのです。そういう意味が現在の社会の勉強にはあるということを教えてあげられると、伝えてあげられるととても良いと思います。