トップページ > > 塾にたよりきらない

塾にたよりきらない

塾は大切だと言いましたが、塾に任せきりではもちろんダメです。家庭教師よりも塾の方が、そこで過ごす時間は長いことになりますが、かといって、やっぱりいちばん長いのは、自分ひとりで勉強する時間の方です。基本はそこです。それをないがしろにして、いくら塾にお任せで、高いお金を払っているんだからしっかりやってくれと言っても、成績が上がるということにはなりません。ちょっとは上がるかもしれませんが、本質的な学力は付かないままで終わってしまうのです。

せっかく塾を利用するならば、それと同時に、自分ひとりでの家庭での学習が、うまくいくように仕向けてあげましょう。たとえば塾から、与えられた課題を学習するとします。それをやる様子を見ていてください。宿題だから、先生から言われたからと言って、受動的に取り組んでいるのか、あるいは自分から、その宿題をやろうとしているのか、親である。あなたが見極めてください。

そして、自主的に勉強やっているときに、その理由について、とやかく言わなくてもいいです。たとえば、遊びたいから、早めに学習を終わらせるというような動機であったとしても構いません。勉強が楽しいから勉強するという子供はいません。生涯学習ということで勉強が楽しくなったお年寄りならまだしも、相手は楽しいことがよくわからない子供です。単純な事しか楽しめない子供です。だから、学習という複雑な知的行為はなかなか楽しめるものではありません。それなのに、自分から進んで宿題をやるというのは、ほめられるべきです。そういった子供の自主性を重んじて伸ばしてあげてください。