トップページ > 中学受験の基礎知識 > 高校入試は本当にない?

高校入試は本当にない?

中学受験をすることのメリットとして、高校入試をしなくてもよいということをあげる人がいますが、これは間違いです。中学受験をしたからと言って、高校入試をしなくてもいいということには必ずしもなりません。なぜなら、すべての私立中学が、中高一貫校であるわけではないからです。ここは誤解しやすいので、要注意です。インターネット上でいろいろなサイトを見ていても、これをまちがって書いてあるところが結構ありますので注意してくださいね。

もしも、高校入試をしなくてもよいというところを重視して、私立中学を選ぶならば、中高一貫の制度をとっている私立校を選ぶべきです。子供が志望している中学が、中高一貫校なのかそうではないのかを十分に確認してください。

そして、めでたく中高一貫校を選んだとしても、本当に遊びほうけていては高校に上がれなくなってしまうので注意してくださいね。いくら高校入試がないとは言っても、内部進学のために満たすべき要件があるところがあります。

それから、高校から外部生をとっている学校もあります。中学から進学した人よりも、高校から入って来た人の方が優秀だとよく言われていますが、そんなふうにいわれてしまわないように頑張って欲しいものです。せっかくの小学生のうちから勉強を一生懸命して、中学入試を勝ち抜いたのです。その恵まれた環境を十分に生かしてほしいものですね。