トップページ > 中学受験の基礎知識 > 志望校を選ぶとき

志望校を選ぶとき

中学受験で志望校を選ぶときにまず目がいくのが偏差値だと思います。偏差値が足りていないと合格できないのでそれはそれで当然のことです。そのほかにも、学校の進学実績などを見て、選ぶことがあるかもしれませんね。

それは中学受験をなぜさせたいかという親の意向にも関していると思います。公立の学校では教育が心もとないということで、大学進学実績の良い私立の中学に入れようという考えなのか、はたまたいじめなどの問題がない私立の中学校で、礼儀正しく規則正しい、きちんとした大人に育てたいのか、そんな親の方針によっても、志望校の選び方は変わります。

今でも、御三家という呼び方がされています。新御三家男子御三家女子御三家などという言い方もあります。それらが全て大学合格実績が優れているかというとそういうわけでもなく、人間教育に重きをおいているところも入っています。だから、自分がどういう考えを持って中学受験を目指しているのかということが分かっていないで、ただ闇雲に有名なところを磨けば良いと考えていると、思ってもみなかった学校に入学させてしまうようなことになってしまいます。