トップページ > プロフィール > こんな娘でも受かりました

こんな娘でも受かりました

「制服が可愛いから。」

などという、親からすれば非常にふざけた(苦笑)理由で、とある私立中学に行きたいと言い出した、わがいとしい娘。

もちろんこんなことを言うくらいですから、成績なんてたかが知れています。それに、中学受験がどれくらい大変なものなのかということを本人がまったく理解していませんでした。

親子揃って、1からのスタートです。とりあえず、お友達の親御さんに聞いてみたり、インターネットで調べてみたりして、だいたいのことは分かってきました。

しかしわかっただけでは合格できません。勉強ができないといけないのです。これについてはまいりました。塾へ行ってみたり。家庭教師をつけてみたり、本当にいろんなことをしました。どれが効果があったのかわからないくらいです。

でもやっぱりやってみることによって見えてくるものがあるんですね。世間では偏差値偏差値とよく言いますが、それだけでは測り知ることのできないものがあるってわかりました。

まそんなこんなで、なんとか中学受験を成功裏に終えることができた親と子の物語から、これから中学受験をしようとお考えの方に、お役にたちそうな形にしてまとめて、ここで発表したいと思います。

とりあえず言っておきたいことは、偏差値が低いからと言って諦めないで!ということです。