トップページ > 親子関係

親子関係

親だけでも、子供だけでも、中学受験は乗り切れません。

親子関係一覧

勉強が先か、勉強は後か。
よくやってしまう誤りとしては、1日のスケジュールを先にたててしまって、そこで空いた時間に勉強の時間を当てはめるというものです。良さそうな気がしますが、これではいけません。
勉強を楽しくしようとしない
子供が大きくなってくると、親が一緒に勉強を見てあげるということはなくなるでしょう。その代わりにおやつを持ってきたりもするかもしれません。でも、これはダメです。
不安を子供に聞かれるな
絶対に気をつけてほしいことがあります。それは不安を口に出さないということです。その不安というのは、子供自身のことではなく、親が持っている心配のことです。これをお父さんとお母さんだけで話しているのは大丈夫ですけれども、これを決して子供に聞かれる事は無いようにしてください。子供は深くキズつきます。
子どもに自分の夢を託していませんか?
自分が中学受験もしなかったとか、中学受験をしても希望のところに合格できなかったとか、あるいは高校受験や大学受験で、何かコンプレックスを持たされるような結果しか残せなかったとか、そういったことをずっと根に持っているお母さんがいらっしゃることがあります。
成績を気にしてもよい
子供の成績を気にしてはだめです。なんてことは言いません。だって、私もとても気になりますから。というよりも、気にならない親はいないのではないでしょうか。
子供をそっとしない
子供が勉強しているときはそっとしておいた方が良いと思っていませんか。実は子供の年齢によっては、これは当てはまらないことがあります。具体的にいえば、小さい子供小学校の低学年ぐらいであれば、静かにそっとしておいて勉強させると言うのは逆効果になってしまうのです。
受験をやめたくなるとき
親が分かっていなければいけないことは、子供は、自分がコロコロ変わるということです。いったん中学受験を自分からしたいと言ったからと言って、その気持ちがずっと持続しているなどとは思ってはいけないのです。
志望校の選択
中学受験で志望する学校のことを子供だけに任せていてはいけません。親がいっしょになって選んであげるべきです。そういった情報を集めは子供ではなく、親の仕事です。親子で二人三脚で中学受験を乗り切るというのはこういうことです。
親も知的に
息子や娘に中学受験という知的な活動をさせるのですから、親だってぐうたらしているわけにはいきません。お笑いテレビを見て大声を出している親の姿をみていたら、子供だってやる気がなくなってしまいます。ここはふんばりどころですね。
親子でがんばる中学受験
中学受験がその他の試験と大きく異なるところは、家族一丸となって立ち向かわなければならないということです。

偏差値じゃない!中学受験項目一覧

プロフィール
こんな娘でも受かりました 我が家の中学受験1   ....More
中学受験の基礎知識
中学受験のメリット 志望校を選ぶとき いじめがない 高校入試は本当にない? 中高一貫校   ....More
家庭教師
どうせ頼むなら 家庭教師はいりません   ....More
塾のお金は高いです 塾選びにはフットワークが大事 塾は楽しい 塾の立地条件 アセって先にすすまない   ....More
親子関係
勉強が先か、勉強は後か。 勉強を楽しくしようとしない 不安を子供に聞かれるな 子どもに自分の夢を託していませんか? 成績を気にしてもよい   ....More
中学受験の国語
短い文章を作ってみる 漢字をおぼえるときは 「私わ学校え行く」 漢字の筆順には注意 効率的な勉強法   ....More
中学受験の算数
3歩進んで2歩下がる 1年生の算数 2年生の算数 3年生の算数 4年生の算数   ....More
中学受験の理科
理科は独立した科目ではない 酸性とアルカリ性 専門用語に注意 道管と師管 あなたは最近空を見上げたことがありますか。   ....More
中学受験の社会
知ることは、楽しいこと 教科書で習ったことだけではない 貴族と武士の関係 歴史漫画はおすすめ まずは全体を見通すべき   ....More